Home > ニュース > 巨像は「キャッシュアウト」特許侵害を主張してドラフトキングスを訴える

巨像は「キャッシュアウト」特許侵害を主張してドラフトキングスを訴える

巨像は「キャッシュアウト」特許侵害を主張してドラフトキングスを訴える

投稿日:12月3日2021、04:48NS。

最終更新日:12月3日2021、10:24NS。

Philip Conneller

英国を拠点とするベッティング衣装のColossus Betsは、デラウェア州の連邦裁判所でDraftKingsを提訴しています。アメリカの会社がオンラインスポーツブックを介して「キャッシュアウト」機能を提供することにより、特許権を侵害したと主張している。

Colossus Bets
ColossusBetsの創設者であるBernardMarantelliは、上記の声明で次のように述べています。彼の会社はその知的財産を「非常に真剣に」受け止め、法廷で保護します。 (画像:SBCニュース)

今年ドラフトキングスに対して提起された2回目の特許侵害訴訟です。

ロンドンを拠点とする技術サプライヤーは、B2Bプールベッティングを専門としています。 2019に米国市場に参入し、最初にノースダコタ州で、次にオレゴン州でサービスプロバイダーとしてライセンス供与されました。

しかし、訴訟では、米国特許商標庁(USPTO)がColossusBetsの創設者であるBernardMarantelliに特許を発行したと述べています2014。同社は、この特許がドラフトキングスのキャッシュアウト機能で使用されている技術が米国の巨像賭けの知的財産であることを確認していると主張している。

キャッシュアウトはベッティングでどのように機能しますか?

「キャッシュアウト」オプションを使用すると、ベッターはイベント中いつでも賭け金を取り戻すことができます。サッカーチームが1-0で勝つという賭けがあると想像してみてください。 20のプレイ時間で、スコアは予想どおりですが、相手チームは今、平準化すると脅迫しています。

キャッシュアウトを使用すると、お金を受け取って実行するオプションがあります。ただし、ゲームを見て1-0のままだった場合よりも少ない金額になります。

ColossusBetsは確かにこの概念を発明しませんでした。 Betfairはそうしました。キャッシュアウト機能は、2011のBetfairベッティング取引所で開始され、その固定オッズスポーツブックで展開されましたの 2013。

しかし、Colossus Betsは、訴訟において、「発明の時点では従来型でも一般的でもなかったが、むしろ、時間。”

からの 2021、同社はこの技術を更新したときに新しい特許を発行しました。

ドラフトキングスは、8月にニュージャージーで発売されて以来、このテクノロジーをモバイルスポーツベッティングサービスに採用していると主張しています2018。

巨大なクレーム

マランテッリによると、Colossus Betsは最初に2018の違反の疑いについてドラフトキングスに連絡し、それ以来「多数の進行中の侵害の通知。」

私たちは知的財産を非常に真剣に受け止めています。」 マランテッリは声明の中で述べました。「これは私たちの保護に向けた次のステップです米国の業界全体の権利と収入。」

Colossus Betsは、米国最高裁判所が3年以上前にスポーツベッティングの連邦禁止を拒否して以来、キャッシュアウト機能を使用したすべての受け入れられた米国の賭けに対して特許権を主張しています。

重要なことに、オンラインベッティングの巨人であるBet365は、ColossusBetsとのライセンス契約に署名しました。 2019。

で米国市場に参入したときの関数の使用

jaJapanese